CKダイゴは、食の安全性を確保する食品衛生管理方式「HACCP」の考え方を取り入れたセントラルキッチン方式です。
優れた衛生環境の中、プロの技術とアイデアを活かして作られた食事は、安全と美味しいをモットーに施設、病院、個人の方へご提供しております。

CKダイゴで調理、加工した食事は、急速冷却・冷凍保存されますので、導入される病院・施設様では、スチームコンベクションオーブンや湯煎にて温め、盛りつけて、すぐにご提供いただけます。

CKダイゴのセントラルキッチンシステムとそのメリット

さまざまな問題解決のためにセントラルキッチン方式を導入することで、円滑に食事提供が可能となります。
また、病院、施設様においてセントラルキッチン方式の利用を前提とした施設環境づくりを行うことで、イニシャルコスト軽減が可能となります。

問題や困りごと

  • 厨房新設時や更新時の設備投資額が大きい
  • 人員の確保、スキルの安定化が難しい
  • 残業時間が多く、負担が多い
  • 献立調理に時間がかかる
  • 衛生管理が大変

メリット

  • 各施設様で調理を行わないので、最小限の厨房設備でコスト削減
  • スキル、人材不足の解消
  • 調理、提供時間の短縮が可能
  • 衛生管理、献立調理の軽減

CKダイゴのクックチル・クックフリーズシステム

クックチルのメリット

アイスチラーによる急速冷却を行います。この処理により、美味しく安全な状態で食品をキープできます。

クックフリーズのメリット

CKダイゴでは、リキッドフリーザーと呼ばれる急速凍結機を使用して、クックフリーズを行っております。
-30度のフローズン液に浸すことで、冷気凍結の20倍の速度を実現しています。
さらに細胞を傷つけずドリップが出ないため、美味しさを維持できます。完全な凍結を行える分、長期の保存が可能です。

ダイゴちゃんのワンポイント!

HACCPとは、食品製造における衛生管理手法の一つです。
原材料から製品に至るまで一連の工程において、起こり得るすべての危害を分析し、その危害の重要度を評価した上で、特に重点的に管理する必要ある箇所を集中的かつ常時管理し、その管理内容をすべて記録することにより製品の安全確保を図ることをいいます。

お問い合わせ

株式会社ダイゴ 健康推進部(セントラルキッチン ダイゴ)

住所
〒966-0096
福島県喜多方市字押切南二丁目105番地
FAX
0241-23-6251
営業時間
8:00〜17:00
定休日
日および当社指定日

お問い合わせはこちらからお願いします。